聖書とユダヤ人

聖書の根本的な教え、復活と永遠の命についての解説

何かを本気でやめたいとき

たとえそれが何であれ、あなたがやめたいと思うものがあるときは、
そのやめたいものに対する「お葬式」をすることをおすすめします。

辞めたい物の実物や、写真、あるいは関連した何かを机の上に置き、出来るならば花をまわりに飾ったりお酒を呑んだりして、その物との楽しかった思い出を思い出しながら、別れのときが来たことを悲しんでください。あなたとの楽しかったことは、これからは思い出として心にしまっておきますと宣言します。その後、本当にそれを手離してしまいます。

この儀式を本気ですることにより、あなたがこれまで本心では手離したいと思っていたが、どうしても手離せなかった「悪い習慣」、「良くない考え方」、「自分にとって好ましくないこと」などを本当に捨てることが出来るはずです。