聖書とユダヤ人

聖書の根本的な教え、復活と永遠の命についての解説

創世記「神の子ら」について その2

創世記/ 06章 04節
当時もその後も、地上にはネフィリムがいた。
これは、神の子らが人の娘たちのところに入って産ませた者であり、
大昔の名高い英雄たちであった。

人に子供を産ませることすら出来たのですから、この「神の子ら」は人と遺伝子的に近いというか、ほとんど同じようなDNAを持っている存在ということになります。