聖書とユダヤ人

聖書の根本的な教え、復活と永遠の命についての解説

ネット上の迷惑行為をイスラエルが検証

ネット上での迷惑行為をイスラエルが検証したところ、
スパムメールを発信している上位の国は、


一位:韓国 23.30%
二位:米国 15.57%
三位:中国 13.76%


という結果が出たそうです。


この三カ国だけで、全世界で半分以上の数のスパム行為をしていることになります。

おそらく現実世界の迷惑行為においても、おおむね同様の順位なのでしょう。
それにしても、アメリカや中国はめっちゃ人口が多いからわかるけど、日本よりずっと人口が少ない韓国がぶっちぎりの第一位って、ホンマ凄いな。


今回の記事の引用元:A's roomさん
http://yarimit.blog.so-net.ne.jp/2005-08-09