聖書とユダヤ人

聖書の根本的な教え、復活と永遠の命についての解説

アメリカも中国も

アメリカも中国も、日本に戦争をさせたくて仕方がないのです。


中国は、日本に先制攻撃をさせたいため、今後も様々な挑発行為を日本海域スレスレで行ってくるはずです。


絶対に中国の挑発に乗ってしまってはいけません。
もし、少しでも挑発に乗ってしまったら、その瞬間から日本は地獄へまっしぐらになります。


日本がもし中国の船に対して先制攻撃でもしたら、大変なことになります。
国連はもちろん、挙句の果てにはアメリカも中国を支援して日本を非難するでしょう。


クリントン女史の話に乗ってはいけません。
彼女はキッシンジャー・ラインの人間です。
つまり、リベラル派です。


実際に、日中で事件が勃発したら、すぐにハシゴを外すつもりです。
日本の皆さん、本当に気をつけてください。


最悪のケースとしては、日本は罪もないのに第二のチベットになるでしょう。


信じられないですか?
あまり詳しくは書きませんが、信じてください。
ちなみに、中国は国連の常任理事国です。


日本が危険な状況に陥ることを避けられるように、どうか皆さんも祈ってください。


中国が行っている挑発行為に対しては、軍事的な行動よりも
中国への多額なODAを打ち切ったり、工場を引き上げる方が効果的な圧力になります。
中国に対しては、こうしたカードをちらつかせながら冷静に冷静に対処すべきです。
安倍総理のセキュリティー・ダイヤモンド構想は、評価すべき素晴らしい作戦です。


中国が先に攻撃を仕掛けてくる可能性は、実際にはほとんどゼロなのです。
彼らは、みすみす自分たちが損をするようなことはしないからです。


日本は、決して中国には関わってはなりません。
前回の太平洋戦争も、日本が中国に関わったから起こったのです。


この世界は、正しい者が勝つのではなく、
要領が良い者や、冷静で緻密な行動を取れる者が勝ちます。


日本は、前回と同じ失敗を繰り返してはなりません。