読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖書とユダヤ人

聖書の根本的な教え、復活と永遠の命についての解説

中国や韓国・朝鮮について

中国や韓国・朝鮮に対して、怒りの鉄槌を下すのは日本の役割ではない。
しかし、今の彼らは、あたかも日本に鉄槌を下してほしくてたまらないかのようだ。


人は不安なときに攻撃的になるそうです。
怯えているときに、もっとも攻撃的になるそうです。
ですから、彼らが大騒ぎで、むやみに日本を誹謗しても意に介する必要はない。
彼らは自分たちが間違っていることを知っているからこそ、いつか報復されることを恐れている。

 
大丈夫。
日本が何もしなくとも、彼らが犯した不正の数々は、必ず彼ら自身に返っていく。


「天に向かって唾を吐く」とは、そういうことだ。
あるいは、「自業自得」とも言うし、インドでは「カルマ」なんて言葉もある。
どれも、同じ意味である。


誰にもわからないように悪いことをしているつもりでいても、
この世界には全てを知っている人物が必ず一人はいる。
つまり、それは罪を犯した本人だ。


罪を犯した本人は、恐れを抱き疑心暗鬼になっていく。
人を騙した人間は、他人も自分を騙すに違いないと自然に思ってしまうからだ。
そして多くの場合、恐れながらも最後まで罪を重ね続ける。


日本が、こんな連中に関わる必要は、まったくない。