読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖書とユダヤ人

聖書の根本的な教え、復活と永遠の命についての解説

ダーウィニズムについて その4

西洋世界、特にアメリカで信じられている概念とは、
「知性のある人間が、知性のない人間を支配する」です。


これを正しいと思っている人たちに対して、日本人が道徳心や良心に訴えようと考えても無駄です。宗教のようなものだからです。
ダーウィニズムも、さらに遡れば、結局グノーシス思想に行き着くのです。


このように、ダーウィニズムは宗教であって、今や世界中をも飲み込む勢いです。


現代では、○○人が、別の国の○○人を支配するのではありません。そんな時代は、もう終わりました。


どこの国に住んでいようが、トップの知性が、その国の大衆および他の国の大衆までをも支配するのです。これがグローバリズムというやつの醜い醜い本当の姿なのです。


道徳心でコントロールされていない知性は、「狂気」に変貌します。
そして、その「狂気」は多くの人に感染します。
感染した人の知性は、死ぬまで狂ったままなのです。


つづく