聖書とユダヤ人

聖書の根本的な教え、復活と永遠の命についての解説

イエスが語りかけた「あなたがた」とは誰?

クリスチャンは、イエスが弟子たちに語りかけた言葉を、自分たちクリスチャンに向けて語っているものとして受け取る傾向があります。
こうした解釈は、キリスト教の伝統的な姿勢なのです。


しかし、イエスが聖書の中で「あなたがた」と呼んだのは、
弟子であり、同胞であるユダヤ人に対してなのです。


イエスは、弟子たちに「あなたがた」と語りかけていました。
そして、それ以外の人に対しては「彼ら」と呼んでいました。


正しく聖書を読むためには、まず、このことを明確に理解する必要があります。