聖書とユダヤ人

聖書の根本的な教え、復活と永遠の命についての解説

なぜ中国の民度は落ちたのか その4

日本人の多くは、なぜ日本がアメリカと戦争することになったのか、
今いち、よくわかっていません。


当時の日本は中国に満州国を作り、西欧列強諸国を追い出し、
アジア人自身によるアジアの管理形態である「大東亜共栄圏」を築こうとしていたのです。


そもそも、日本がアメリカと戦争することになった理由とは何なのでしょうか?


「ABCD包囲網を築かれて、日本が狙い撃ちにされたから」
「アメリカがハルノートを突きつけてきたから」


いろんなことを言う人がいますが、それらのことは
ひとつひとつの事象に過ぎないわけで、その根本にあるはずの、
なぜアメリカが日本を狙い撃ちにしたのか、という部分を突き止めなければ、本当の戦争勃発の理由は究明できないはずです。


これについても、はっきりと書きます。
アメリカが日本に戦争を仕掛けた本当の理由は、「中国の利権」です。


シナ事変は、現在の教科書では「日中戦争」という、明らかにおかしな名称に変更されてしまいました。おそらく、戦後のGHQによる指導があったものと思います。



続く。