読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖書とユダヤ人

聖書の根本的な教え、復活と永遠の命についての解説

放射性セシウムを閉じ込められる新素材を開発

物質・材料研究機構は18日、放射性セシウムを安定的に閉じ込めることが出来る新材料を開発したと発表した。福島第一原子力発電所の事故で漏れた放射性セシウムを処理するために役立つことが期待される。


この新材料は「チタン酸固化体」で、1立方センチメートル当たり1gのセシウムを閉じ込めることが可能。高レベル放射性廃棄物の処理に使われている「ホウケイ酸ガラス」に比べ、より優れた閉じ込め効果があるという。


 閉じ込め効果を確かめる実験では、150度の高温下にセシウムを閉じ込めたチタン酸固化体とホウケイ酸ガラスを置き、1週間後の状態を比べた。チタン酸固化体から溶け出したセシウムの割合は、ホウケイ酸ガラスからのもののわずか170分の1にとどまった。


 チタン酸固化体は、直径0.02ミリメートル以下、長さ5ミリメートル以下の棒状の結晶で、酸化チタンとセシウムを、酸化モリブデンに溶解し、電気分解して作る。通常の圧力環境の下で作業できるため、放射性セシウム処理に実用化される場合には、処理装置を小型化できるなど利点があるという。


今後は、実用化に向けて、放射性汚染物から放射性セシウムのみ分離する方法などを、他の研究機関と連携し、開発を進めていくという。


■参考URL
http://jp.ibtimes.com/articles/18792/20110519/283719.htm