読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖書とユダヤ人

聖書の根本的な教え、復活と永遠の命についての解説

ヨハネの黙示録 その8

なぜ聖書の神は、「額」や「手」に刻印(しるし)を付ける、という表現をしているのでしょうか。


「額」というのは頭の前頭葉の部分ですから、物事についてどのように考え、判断するかということを意味しているのでしょう。

かわって、「手」とか「右手」というのは、人間の現実的な行動なり作業なりを意味していると思われます。


つまり、考え方と行動とにしるしが付く、と神は言っておられるものと思います。


個人個人の考え方や行動に、神のしるしか獣のしるしが付くのであるならば、
獣のしるしを受けることなく、神のしるしを額や右手に受けたいですね。


続く