聖書とユダヤ人

聖書の根本的な教え、復活と永遠の命についての解説

永遠の命と復活について その1

「永遠の命」と「復活」というものについてイエスは語ってくださいました。
「永遠の命」と「復活」というものは、関係しています。


聖書をまだお読みになったことがない方にも理解できるように、
これから「永遠の命」と「復活」について、記述していこうと思います。


本当に心から他人を思いやること、このことは通常、人にとっては難しいことです。
多くの人が自分の利益を尊重し、自分の利益を第一とし、他人に勝つことを求めるからです。
そんな人間でも、自分の子供に対しては、無償とも言えるような愛を注ぐこともできますね。
だとすれば、たとえ難しいことではあっても、他者を自分自身のように思いやることは可能なのではないでしょうか。


自他の区別なく、他者を自分の体の部分のように大切に思うこと。
こうしたことが、わたしたち人間に可能であると、あなたは考えるでしょうか?


■エペソ人への手紙 5:28
そのように夫も、自分の体のように妻を愛さなくてはなりません。妻を愛する人は、自分自身を愛しているのです。



聖書には、このように「自分の体のように」愛しなさい、と書かれています。
「自分の体のように」とは、一体、どういうことを意味しているのでしょうか。


人は、各々ひとつづつ、別々の体を与えられています。
だから、他人が苦しんでいようが、飢えていようが、痛みを覚えていようが、無関心でいることができます。
他人の体が怪我をして痛んでいたとしても、怪我をしていない自分の体は痛まないからです。


このように人は、個別の肉体というものをあたえられているので、他者の痛みに無関心でいることや鈍感でいることができます。

ある意味、人がこうした肉体をあたえられたということは、神が非常な試練を人に対してあたえたということなのかもしれません。

このわたしたちの肉体を持っている限り、本当に心から他者を思いやることは難しいからです。


つづく